House of Lechon(フィリピン料理店)

House of Lechon(フィリピン料理店)

マーヨンハーポン(こんにちは)

 

日本のみんな!暑い夏はどうじゃ?

 

梅雨のジメジメから今度は真夏の汗でのジメジメじゃの!

悪く無いじゃろ!

 

とは言うものの、フィリピンでは暑いのはいつもの事じゃから平気で過ごせるが、日本みたいに急に暑くなると熱中症とか気を付けないと、急にフラフラッと目眩がしたりするから気を付けるんじゃぞ!

 

ワシはそんな時にはやっぱりフィリピン料理が食べたくなるんじゃ!

 

普段は思わないんじゃが、フィリピン料理が食べたいと思う時にワシはフィリピン人だと実感するんじゃな!

 

こんなフィリピン人でも楽しく生きておるぞ!

 

フィリピンを感じさせる料理よ言えば…「レチョン」じゃよ!

 

今回は

House of Lechon(フィリピン料理店)

凄いじゃろ!

店の名前が「House of Lechon」

「レチョンの家」じゃぞ!

 

レチョンというのは簡単に言うと豚の丸焼きなんじゃぞ!

 

知っておったか?

 

レチョンを豚!だと知ってる外国人が聞いたら「豚の家」なんじゃそれ!って事になってビックリじゃよ。

 

そんな事はレストランと分かればどうでも良いことじゃ!

 

ワシらフィリピン人にしたら、レチョンと言ったら反射的にヨダレが出るんじゃよ!

 

誕生日や結婚式、お祝い事には欠かせない食べ物なんじゃ!

 

これじゃよこれ!!!

堂々としておるじゃろ。

 

曜日によってレチョンの焼き上がる時間が違うんじゃ!それと普通味のCarcarと、辛いSpicyがあるんじゃ!

 

切り分けて盛り付けをするんじゃ!

 

どうじゃ!これが「House of Lechon」のレチョンじゃぞ!

豚の顔の器がいいじゃろ。

久しぶりのレチョンに興奮し過ぎて他の紹介をするのを忘れておった。

 

メニューと店内を見てもらう。

ここに来るお客は全員レチョンを食べに来るんじゃが、他にはフィリピン料理が何でもあるぞ!

 

女子の好きなデザートもあるぞ!

 

店内は落ち着いた感じななっておるんじゃ!普通のレストランなんじゃ!

 

アウトサイドのテーブルもお洒落じゃぞ!

夕方からのライトアップも良い雰囲気!

食べる場所も色んな空間があっていいぞ!

 

これで終わるとメニューはレチョンの紹介のみじゃが、それでも十分な位フィリピン人はみんなレチョン好きなんじゃよ。

 

それじゃ他オススメメニューと!

チーズスティック!思った以上に濃厚で美味いぞ。

 

イカフライじゃ!

 

フィリピン料理と言えばシシグ!

 

ホタテのチーズバター焼き!これは誰もがハマる味じゃ。

 

この盛り合わせなんかはフィリピン人の夢みたいな御馳走じゃよ!

 

みんなでワイワイ言いながら食べると更に美味いんじゃ。

でも主役のレチョンを忘れるんじゃ無いぞ!

 

最後のシメにはデザートじゃ。

フィリピンのデザートの代表はハロハロ!それとこの綺麗なパンダントロピカ!

 

食べたくなってきたじゃろ!

 

「House of Lechon」はセブ島に4店舗あるんじゃが今回の店はマクタン島から1番近いAcasiaストリート店じゃ。

 

場所はここをクリック↓

 

フィリピン人にとってのレチョンは

「幸せ」なんじゃ。

 

 

 

最後まで読んでくれてサラマッポ!

(一部の写真はfb・インスタから引用)