マクタンシュラインについて

マクタンシュラインについて

マーヨンハーポン

皆の者御機嫌よう。

最近のセブ島は暑くてそれはそれはたまらん!

じゃが風がなくてのぉ、なんとも海日和じゃろうな。


さてさて、今日は初心に帰ってな。

まず皆はワシをどこで見ることが出来るかって知らんじゃろ??

ワシとしたことが肝心な話をするのを忘れてた

ワシが普段いる場所はマクタンシュラインと言う場所なんじゃ。

 

マクタンシュラインを簡単に説明するとじゃな 1521年、冒険家のフェルナンド マゼラン(Ferdinand Magellan)率いるマゼラン軍とマクタン島のラプラプ王率いるラプラプ軍との戦いで、ラプラプ軍が勝利したことを称える記念公園なんじゃよ。

当時、キリスト教の布教の為に、半ば強引なマゼランにラプラプ王が怒りを感じ、1561年4月27日、ついに戦いが始ま。ったんじゃ。

戦いはラプラプ軍の圧勝に終わったんじゃが、この戦いが今でも伝説となり2004年にラプラプ像が記念碑として建てられたんじゃよ!

その時のマクタン島の王様”ラプラプ”にちなんでマクタン島の地名は現在までラプラプ(Lapu-Lapu)になっておるんじゃ!

マクタンシュラインは入場料が無料なんじゃよ!

フィリピンのお土産が沢山売っていたり、今では有名な観光地になっておるぞ!

 

まずは何と言ってもこれ。

 

ワシじゃ!!!(ラプラプ像)

ワシを見ずにセブ島とは言えないじゃろう。

ここはちょっとした写真スポットにもなっておるのじゃ!

可愛い子ちゃんが来て一緒に撮ってくれる時なんかにはそりゃ気分がよろしいってもんじゃ。

ん?ワシも男の中の男じゃ、何か変な事でも言ったかの。


続いてじゃが!

 

 

マゼラン記念碑

敵ではあったマゼランだが、キリスト教の布教活動をフィリピンにもたらした人物として記念碑を作ったんじゃよ!

 


そして!

 

 

戦勝の碑

この碑の後ろにはマゼランと戦った当時の様子が描かれておるのじゃ。

 

 

最後に!

 

ローカル価格のお土産やさん

今の観光客ったらここが目当てで来る方がほとんどじゃ。

糸で名前を編み込んだキーホルダーやブレスレットも50ペソで売っておるんじゃが本当に安いんじゃ!

他にも色んなお土産が売ってるから、それを見に行くのも楽しいじゃよ。

 

最近ではワシはなんだかオマケみたいな感じでのぉ。

まぁ皆にセブ島を楽しんでもらえればこのラプラプも嬉しいぞ。

 

最後に場所を教えておこうではないか。

これで来てくれる人も増えるのを期待して、今日もラプラプはセブ島を守ろうではないか!!

それじゃ、ワシはここらで。

最後まで読んでくれてサラマッポ(ありがとう)