セブ島のコンセント・電圧事情

セブ島のコンセント・電圧事情

マーヨンハーポン(こんにちは)

暑過ぎる…

このままじゃと、セブ島の人間皆干からびてしまう。

まぁそんな事ないと思うがの。

おっと、冒頭からすまぬ。

今日は誰もが気になっているじゃろう!

セブ島のコンセント事情

に関して、お話をしていくぞ。

セブ島旅行、セブ島留学を考えておる諸君!!

必見じゃ!!!

先に言うと結論としては。

ほぼ全ての製品がそのまま利用可能なのじゃ。

iPhone、パソコンやカメラの充電ももちろんokなので楽っちゃ楽じゃ。

但し注意が必要な2つの持ち物がヘアアイロン(コテ)とドライヤーじゃ。

セブ島のコンセント・電圧事情の要約

・コンセントは日本と同じなので変換プラグは一切不要

・セブ島の電圧は日本と異なるが基本的に問題なし

・ドライヤーなどの家電を使用する際だけ変圧器が必要

 

よし、それじゃ事細かく説明していくぞ。

まず、セブ島のコンセントの形状

実はフィリピン・セブ島のコンセントには変換プラグなしで日本の電気製品をそのまま差し込めるのじゃ。

但しフィリピンクオリティでカフェなどだとコンセントの穴がゆるいことはあるが。

ただし3つ星以上ホテルなどだと一切問題ない。

 

そして電圧事情に関してじゃ。

コンセント形状は一緒なのに対して、日本とフィリピンでは使われている電圧は違うのじゃ!

フィリピン:220ボルト。周波数は60ヘルツ

日本:100ボルト。周波数は東日本50ヘルツ/西日本が60ヘルツ

そう、セブ島の方が強い電圧が流れておる。

但しこれも心配不要で、日本の電化製品のほとんどは240ボルトまで対応していて、変圧器なしで普通に使って大丈夫な事が多い!

 

旅行先で充電される機会が多く、充電しても大丈夫なのかよく聞かれる製品を下記に紹介する!

電圧事情:iPhone

変換器/変圧器なしでそのまま充電してok。

電圧事情:Mac

基本的に変換器/変圧器なしで充電してok。

電圧事情:カメラ

変換器/変圧器なしで充電してok。

一眼もデジカメも最近のものは220ボルトにも耐えられるようになっておる。

電圧事情:ドライヤー

そのままの充電はNGで、変圧器が必要じゃ!

セブ島と日本の電圧の違いが原因による事故でもっとも多いのがドライヤーじゃ!

日本のドライヤーは高電圧に耐えることができず220ボルトも流してしまうと爆発の恐れが!

キッチン用具などの家電製品は全般NGじゃ。

家電製品をセブ島に持っていくことはほぼないのじゃが、良く持ち出されるのがドライヤーとヘアアイロンでこの2つが要注意製品っちゅー訳じゃ。

 

まぁまぁせっかくの旅行でドライヤーもヘアアイロンも使いたいのは分からなくもない。

使う方法は2つじゃ!

1.変圧器を利用

変圧器を使うのは王道じゃな、240V と書いてあるものじゃ。

2.海外対応のヘアアイロンを用意

海外に良く訪れる方はこれがおすすめじゃ。

海外対応のドライヤーやヘアアイロンを購入すれば変圧器なしで殆どの海外で使えるじゃろ。

 

さて、セブ島のコンセント事情に関してはこんなものじゃろうか。

せっかくのセブ島旅行をなどで持ってきた物を潰すような事はせん事じゃ!

それにはワシが今回言ったことを忘れるでないぞ!

それじゃ、ワシはここらで。

最後まで読んでくれてサラマッポ(ありがとう)