英語と思いがちな和製英語

英語と思いがちな和製英語

マーヨンハーポン。(こんにちは)

 

 

最近のセブ島は、留学に旅行にと大人気じゃ。

 

もうすぐ日本はお盆休みの時期。

 

 

そんなこんなで、今日お主たちに紹介しようと思うのは、海外で通じると思いがちな和製英語じゃ。

 

 

まず和製英語とは、、、

 

日本語の中で使われる和製外来語の一つで、日本日本人により作られた、英語に似ている言葉じゃ。英語圏では別表現をするために理解されなかったり、もしくは、全く別物に解釈されたりする場合があるぞ。

 

 

ではいくぞ。

 

バイキング

ホテルの朝食などでよく耳にする、食べ放題スタイルのバイキングじゃが、これは海外ではbuffet(ビュッフェ)と呼ぶぞ

いくらバイキングと言っても通じないので要注意じゃ。

 

ホテルのフロント

ホテルのフロントはreception(レセプション)と言うんじゃ

frontは(フロント)は前という意味になってしまうぞ。

海外に行ったら必ず言わないといけない場面もあるじゃろう。

しっかり覚えておくんじゃぞ

 

コンセント

日本で言うコンセントは、outlet(アウトレット)と言うんじゃ。

これをどれだけ英語っぽく言っても通じないので気をつけておくれ

 

ペットボトル

ペットボトルも和製英語じゃ。

正しくはplastic bottles(プラスティックボトル)というので覚えるんじゃぞ。

 

クレーム

クレームと言うと海外では通じないぞ。

商品やサービスに対する不満や意見を言うという意味はcomplaint(コンプレイン)じゃ

 

パン

パンって英語の様じゃけど英語じゃない。

英語ではbread(ブレッド)じゃぞ。

 

アイス

Ice(アイス)は英語じゃが、気を付けて欲しいのはアイスと言うと氷が出てくると言うことじゃ

アイスクリームが欲しいときはIce creamと伝えよう

 

フライドポテト

これも実は和製英語なんじゃ。

フライドポテトが欲しいときはFrench fly(フレンチフライ)と言うんじゃぞ。

 

ナイーブ

Sensitive(センシティブ)が正しい英語じゃ。

日本語でナイーブなんだねと言うと、それほど悪い言葉には聞こえないじゃろ?

じゃが、英語でそのまま使うと、「世間知らずの」とか「騙されやすい」というネガティブな意味になるので気をつけるんじゃぞ。

 

 

どうじゃ?

 

知らずに使ってしまってる和製英語はなかったか?

今日紹介したのは海外へ行った時、間違わないでおくれよ。

 

まだまだ和製英語はある。

 

また紹介するのでお楽しみに。

 

 

最後まで見てくれてサラマッポ。(ありがとう)