Angkas(バイクタクシー)

Angkas(バイクタクシー)
マーヨンハーポン(こんにちは)

 

今日は

に引き続き、セブ島に来る前に絶対に知っておいた方が良い情報教えようじゃないか。

 

お主Angkas(アンカス)って知っておるか?

以下、グラブタクシーの記事と似てるけど、この記事はバイクタクシーの方だから間違えないでね♡

 

知ってる人は知っておる。

知らない人は覚えてね。

これを使えばバイクタクシー運転手と英語で話す事も最小限に抑えられ、料金もバイクへ乗り込む前からわかってしまう魔法の様なオススメアプリ。

よし、説明開始じゃ。

 

まずは日本いる時(すなわち旅行へ行く前)にAngkasのアプリダウンロード!!

もしかするとiPhoneで出来ないかもしれない。一度試しておくれ。

 

そして名前、メールアドレス、国、電話番号などの個人情報入力じゃ。

 

電話番号は日本の携帯の番号で問題ないぞ。

 

名前は海外のドライバーでも理解出来る様に分かるようローマ字力をオススメじゃ。

個人情報の入力を終えると、設定したメールアドレスに変な確認コードが届くので、それを入力したまえ。
コードはショートメールで届くので、さっき言った通り、日本で事前にダウンロードする事をオススメするぞ。
登録もこれでお主自分でできるな?
では早速アンカスを使おうじゃないか!!
↑実際のバイクタクシーはこんなんじゃないぞ?

Angkasアプリをとりあえず開く。

 

1.現在地を入力じゃ。

現在地入力もできるが、位置情報使い現在地を取得することも可能じゃ!!

大概の人は現在地から移動すると思うからこの便利機能オススメ。

 

2.次に行き先を入力するのじゃ。

 

3.現在地と行き先の入力が出来たら、料金が表記される。

納得出来たら『BOOK NOW』を選択じゃ。

 

 

4.近くにいるドライバーを検索してくれるぞ。

 

 

5.ドライバーが決まると、ドライバーの現在地情報が表示され、自分の場所まであとどれくらいの距離にいるのかを確認することができるぞ。

 

ドライバーの名前、車種とナンバープレートが表示されるぞ。

ドライバー情報をよく確認してから、乗りこむんじゃぞ。

 

ドライバー到着前にテキストや電話で連絡が取ることも出来るが、使わなくてもしっかりきてくれるぞ!!

 

 

6.目的地に到着した後は、最初から決まっていた料金のみを支払えばOK。

500ペソや1,000ペソはお釣りがない可能性が高すぎる。20ペソや50ペソ、100ペソを用意してからGrabを使う事をオススメじゃ。

 

よし、これでお主もバイクタクシーにボッタくられる災難とはお別れじゃな!!

このバイクタクシー、巷ではハバルハバルと呼ばれておる。

ハバルハバルの記事もあるので、そっちも読んでおくれ。

 

最後まで見てくれてサラマッポ。(ありがとう)