ジプニーについて

ジプニーについて

マーヨンハーポン(こんにちは)

いやぁ日中外を歩いてる観光客を見てると皆暑くて溶けてしまいそうじゃな。

それもそうじゃろ、このラプラプでさえもセブ島の日中の暑さには敵わんほどじゃからな。

こんな暑い中で歩いている人の気が知れん、何を考えているのじゃ!

すまん、少し言い過ぎたようじゃ。

こんな暑かったらやはり移動手段が必要になってくるじゃろ。

って事で今日はセブ島の移動手段について話そうかの。

先日話した 「移動はトライシクル」という記事は既にチェックしたじゃろうか?

今日は同じくセブ島で一般的に乗られてるこれじゃ↓

ジプニー

既にセブ島経験者の方は町中の様々な場所で見た事があるじゃろう。

でも「乗り方が分からない」「怖くて乗れない」と言った理由からスルーしてた人もおるじゃろう。

そんな諸君にこのワシが「ジプニー」の乗り方を教えてあげよう!

えーっと、まず何から教えたらいいじゃろうか。

そうじゃな、まずは乗り方から教えてやろう。

乗り方なのじゃが、基本的には2つあるのじゃ。

1つ目はタクシーを呼ぶみたいに街中を走っているジプニーを呼び止めて乗車出来るぞ!

2つ目はジプニー専用ターミナルがあるのじゃが、そこに停車しているジプニーから乗車することもできるぞ!

ちなみに、この場合の出発はジプニーにお客さんが集まり次第出発じゃ!

あまり周りをキョロキョロするでないぞ、時刻表なんてものはないんでな。

もしジプニーの行き先がわからなければ、ジプニーのドライバーや周囲の人に尋ねてみるのが確実じゃな。

それと座る場所じゃが。

ジプニーに乗車して座る席は、基本的にどこに座っても構まわん!

ただ見ての通り、人が溢れかえってる状態じゃから少しアドバイスとして後ろの方に座ったほうが出る時に出やすいのじゃ。

 

それと料金についてじゃ。

フィリピン庶民が、普段から利用する交通機関ということもあり、セブ市内のジプニーの初乗り運賃は8ペソじゃ。

や、や、安すぎる。。。。

だが、乗車地点か目的地まで少し距離がある場合は、8ペソ〜10ペソになることもあるのじゃ。

にしても、安すぎるじゃろ。。。。

ジプニーに乗るときは予め小銭や少額の通貨を用意しておくべしじゃ。

1、5、10ペソのコインか20ペソ紙幣で支払うのが、マナーというか基本じゃな。

 

それとその金額を支払うタイミングじゃが。

お金を支払うタイミングは、乗車後すぐ、目的地に到着してから、何ならその間でもいつでもOKじゃ。

回りくどく言ってしまったが、要はいつでも大丈夫なのじゃ!

 

おっと、その前に支払い方法を教えないとじゃな!

ジプニー運賃の支払い方法は、他の乗客と協力してバケツリレーのように、お金を手渡しでドライバーまで支払うのじゃ。

後ろの席から順番に、ドライバーに近い側の席に座っている人に渡しながらじゃ。

ちなみに、お釣りも同様にバケツリレー方式で戻ってくるぞ。

※他の乗客のお金が回ってきたら、ドライバー近くの人にリレーして手渡しあげるのがマナーじゃ、忘れぬようにな。

それと降りる時じゃが。

自分の向かっている目的地に着く手前で合図をするのじゃ!

ドライバーに下車する合図をしなければ、基本的にジプニーは止ってはくれぬぞ!

その合図の仕方はいくつかあり、セブで初めてジプニーに乗る人には、ちょっと特殊な方法じゃ!

  • コイン(小銭)で頭上の手すりを叩いて音を出す

まぁ皆が乗る際にも現地の人がやって見せてくれるじゃろう、それを真似たらいいのじゃ。

という事じゃが、たまにはローカルのカルチャーに触れるべく、ジプニー移動もおすすめじゃ!

初めてジプニー乗車する時は、少し緊張するかもじゃが、気軽に利用できるジプニー移動に、意外とハマってしまうかもしれんぞ!

セブ島滞在中にぜひ挑戦するのじゃ!

ではでは、最後まで読んでくれてサラマッポ(ありがとう)