セブ島の水事情

セブ島の水事情

マーヨンハーポン(こんにちは)

毎日暑い日が続いておるセブ島。

心地良いが、水分補給は欠かせない。

水分をしっかり取らないと脱水になってしまうぞ。

 

よく、“海外の水は飲めるのか不安”という声を聞いたりするが、やはり“セブ島の水事情”も気になるのではないか?

そんな諸君に、今回は水について伝えたいと思う。

セブ島の水は、安全でないもの安全なものがある。

 

安全でないもの

それは、直の水道水

セブ島の水道には、若干の海水が含まれておる。

そして、日本のように、上水の殺菌もしっかりされていない為、直に水道水を飲むとほぼ確実にお腹を壊すだろう。

ダイエットでもしたい諸君は、自己責任で飲んでみるといいじゃろうがな、わしゃ知らん。

直の水道水は現地の人達も飲まないくらいじゃ。

じゃぁ、沸騰させて殺菌すればいいんじゃないの?

と思った諸君。

確かに、大概の菌は沸騰させれば死滅する。

日本でも給食施設などでの大量調理では、必ず75℃以上で1分以上加熱しなければならないという決まりがあると聞いたことある。

だが、中には熱に強い菌もあるんじゃ。

 

水道浄化の設備がままならないセブ島。

どんな菌達が潜んでおるか、わしにもわからん。

なので、楽しいセブ島ライフを送りたいなら、水道水は沸騰させてでも飲まない事をおすすめする。

 

では、何なら飲めるのか?

安全なもの

それは、ミネラルウォーター

これは、コンビニやスーパーで売られている。

これでお腹を壊したという話しは聞いたことないので、安全と言えるだろう。

後は、ウォーターサーバーの水

フィリピンは、水道水を飲めないということもあり、ほぼどの家庭にもウォーターサーバーが設置してある。

(英語留学をする諸君、どの学校もウォーターサーバーはほぼ設置してあるだろう)

フィリピン人達は、このウォーターサーバーを飲水としてはもちろん、料理にも使っておるんじゃ。

(野菜を洗ったりする時も、この水を使うくらい)

だが、グレーゾーンの水もあるんじゃ。

それは、レストランのサービスウォーター(無料でもらえる水)

洒落たレストランからローカルのレストランまで、このサービスウォーターは“下さい”と言えばほぼどこでももらえるんじゃが、水もずっと放置してればそりゃ菌は繁殖する。

ましてや、フィリピンは常夏だから、菌は繁殖しやすい。

観光客が行くようなレストランのサービスウォーターであたったという話しはわしは聞いた事ないがな、ローカルの食堂(カレンデリア)は大丈夫とは自信を持っては言えんなぁ。

もちろん、安全なところもあるぞ!

なので、心配であればミネラルウォーターを注文するが良い。

それか、タンブラー1つ持ってると、ウォーターサーバーの水を入れて持ち運べるので便利じゃ。

(タンブラーはセブ島でも調達出来るぞ)

 

水が危ないなら、シャワーや歯磨きの時の水は大丈夫なの?と疑問に思う諸君もおるだろう。

まぁ、シャワーや歯磨きに関しては、ローカルはもちろん、観光客も水道水を使っておる。

それでお腹を壊したという話しは聞いた事ないが、まぁ気になるならミネラルウォーターでうがいするなりすると良いだろう。

どうだ。

セブ島の水事情はこんな感じだ。

まぁ気にしすぎるのも良くないがな。

これらの事に気をつけながら、セブ島を満喫してくれ。

では、最後まで読んでくれてサラマッポ(ありがとう)